わきがの消臭に効果的な方法は?

わきがの臭いは体だけでなく、服やタオルにも付着するため、周りに不快な思いをさせてしまいます。繊維についたわきがの臭いを消臭する、効果的な方法をまとめてご紹介しています。

衣類やタオルのわきが臭はこれで消臭できる!

汗取りパッドを使用して臭い移りを防ぐ

ドラッグストアなどでも販売されている脇用の汗取りパッドは、衣類へ汗や臭いの付着を防ぐため、わきが臭の軽減に役立ちます。


わきがの場合、アポクリン腺から分泌された皮脂などが酸化しないようにすることが大切ですので、使い捨てタイプの汗取りパッドを使用し、1日2~3回程度を目安に交換するようにしましょう。


また、汗取りパッドの交換時にはボディーシートなどで脇を清潔にすると、よりわきがの消臭効果が高められます。

わきがの消臭には洗濯用洗剤を見直すこと

わきがの臭いが移ってしまった衣類やタオルを洗濯する時には、除菌・消臭効果のある洗濯用洗剤を使用するようにします。


加えて、漂白剤を使用すればより効果的にわきがの臭いを消臭することができますので、いつもの洗濯に加えて投入するのがおすすめです。


ワイドハイターEXなどの酸素系漂白剤であれば、色柄物の洗濯にも使用できますので、服やタオルにも問題なく使用できます。


衣類やタオルは使用後なるべく早めに洗濯を行い、わきがの臭いを効率よく消臭するとともに、黄ばみを防ぎましょう。

洗濯にひと手間加えて消臭

しつこいわきがの臭いには、普通の洗濯時にひと手間加えるだけで、驚くほど消臭効果を発揮します。

準備するもの

まずはバケツ、洗面器、洗面台などに50℃のお湯を張り、普段使用している洗濯用洗剤を溶かします。

洗剤は湯量に合わせ、パッケージに記載されている規定量を入れてください。

湯温はぬるすぎたり熱すぎると漂白剤が効果を発揮しませんので、注意しましょう。

気になる服を漬け置き

わきが臭の残っている部分に、酸素系漂白剤の原液を染み込ませ、すぐに洗剤を溶かしたお湯の中に投入します。

この際、お湯に浸かるのは、わきが臭の気になる部分だけでもOKです。

仕上げをして完了!

1時間ほど漬け置きをし、洗濯前であれば普通のお洗濯を、洗濯後であればすすぎと脱水を行います。

消臭スプレーの賢い使い方

衣類などの布製品に使用する消臭スプレーもわきがの消臭に効果的で、お洗濯のできない素材のものには非常に重宝します。


しかし、実は間違った使い方をしている人が多いため、あまり効果を実感できていないことが多くあります。


市販の消臭スプレーを使用する場合には、吹き付ける布製品がしっとりと湿る程度までスプレーしなければなりません。


軽く3~4回程度しかスプレーしない方も多いようですが、わきがの臭いは非常に取りづらいので、脇の部分を中心に前後各10回ずつを目安に吹き付け、乾燥させましょう。


こうすることで製品の除菌・消臭効果をしっかりと発揮されることができます。

ただし、消臭スプレーではわきがによる黄ばみは防げませんので、洗濯のできるものはこまめに洗うことをおすすめします。

しつこいわきが臭にはプロ用の消臭スプレーを使用

市販の消臭スプレーは幅広い材質・使用環境で誰もが使えるように工夫されていますので、若干消臭効果が低い製品が多くなっています。


そのため、市販の消臭スプレーで対応できない場合には、プロも使用する消臭効果の高いスプレーを使用するようにしましょう。


とにかく消臭力を重視して作られていますので、わきがのようなしつこい臭いもしっかりと除去することができます。


今では繊維に優しいプロ製品も開発されているため、家庭内でも安心して使用できます。

↑PAGE TOP